元キャストによるTDLの楽しみ方
使って欲しくない裏ワザ
元キャストという事もあって、裏ワザ、それに類する方法もある程度知っています。
ただ、これは元キャストとして、やって欲しくないと思います。一部下記しますので、
自己の判断で裏わざを使うかを決めてください

チャレンジャー証明書
3歳前後のお子さんですと、身長が足らないなどの理由で、アトラクションに登場できない場合があります。そのとき、キャストから、次回大きくなったらまた来てね。という意味合いのチャレンジャー証明書が発行されます。実際に子どもが大きくなれば、それを提示すれば、優先的に乗ることができます。(せっかく並んでくれたのに残念だね。もう少し大きくなって今度来たときは絶対乗ろうね・・・という意味合いです)
該当するのは3アトラクション
ビッグサンダーマウンテン
スペースマウンテン
スプラッシュマウンテン

それぞれ、
未来のビックサンダーチャレンジャー証明書
未来のスペースマウンテン宇宙飛行士証明書
未来のスプラッシュマウンテンチャレンジャー証明書

という小さい紙がもらえます。

しかし、最近はこのチャレンジャー証明書をオークションで販売する事例が非常に多くなってきています。
たしかに、これを購入し利用すれば、混雑時に上記アトラクションを待たずに乗れるでしょう。
しかし、売る人、買う人両方の方に言いたいことがあります。
売る側の親さん・・・これを取るために3歳くらいのお子さんを利用するわけですが、3歳ですと大人が何をやってるかうすうす気付いていると思いますよ。
買う側の親さん・・・これを利用する年齢は3〜6歳程度のお子さんだと思いますが、「他人の名前」の記載された証明書を利用するわけですが、お子さんも親が何をしているのか理解していると思います。
これを使うことをとやかく言う気はありません。
でも、元キャストの立場で言いますと、非常に悲しいものがあります。
開演ダッシュ
これは、裏ワザではなく、現実のTDLのオープニングでは日常的な光景です。しかし、これは本当に危険です。走るなとまでは言いませんが、せめて周りを良く見て走ってください。他の人にぶつかったり、ベビーカーを倒したり、そこまでして走るんですか。
 確かに、ダイヤモンドホースシューなどのダッシュしないと予約が取れないようなものがあるので、致し方ないとは思いますが、走るときは周りの人のことを考えて走ってください。
 ダイヤモンドホースシューは人気のショー私も一度行きたいショーですが、ダッシュしなければ取れないショーなのであれば、永遠に行かないかも知れません。この点は、TDL側も対処を考えて欲しいものです。(もう開演20年経って問題点はわかってるでしょ)